★令和元年&ヤスミン8周年記念特別メニュー


1810+018+8888

イワト+レイワ+豊かさに寛容になる

「イワト」は平成の「平」の字のこと。
「一」「八」「十」から「成る」のが「平成」。
「イワト=岩戸から成る」という意味がアナグラムとして隠されていると巷で噂になっています。

平成の時代は、戦争こそなかったものの、
たくさん、本当にたくさんの天災や(天災から人災が引き起こされたりも)事故があり、
日本中が協力や恊働の渦をつくり、世界に広げる役割をもちつつ、
現実的には未解決の問題を抱え続けており、そこここで閉塞的な課題が残されています。

令和の時代が始まり、ようやく「岩戸」から解放されたとされる向きもあります。

「一」「八」「十」=「1810」

ふんわりとした開放感、肩の荷がおりるかのようなリラックス感を私は感じています。
それと同時に、「さあ、変わろう」とでもいうかのような、不思議な「背中を押される感じ」を受けています。

「零」「一」「八」=「018」

そしてヤスミン8周年ということで、「8888」

「8」は経済的な豊かさ、実りを手にすることを示しています。
しかし、「8888」は、それが並ぶことで「迷い」があることを示しています。
経済的な豊かさが増えると、惑い、迷う。
そのことを「8888」は表現し、また、それに対して「寛容であること」を示唆しているのです。

つまり、今まさに経済的豊かさを手にしている人、しようとしている人、
これから時代が進むにつれて、経済的豊かさを手にいれる人が、
自身が経済的豊かさを手にいれることに対して寛容になり、
迷わず、受け入れることを導く数字です。

「経済的豊かさ」に対して厳しい人ほど、それを手に入れづらい、という現象は多くあります。
厳しい、とは、批判的であったり、醜いもの、必死すぎる醜悪さ、といった風に感じている状態などです。
あるいは、罪悪感があり、受け入れてはいけない、と感じている場合もあります。 

しかし、経済的豊かさがあれば、多くを助けることができます。
その人の心のままに、投資したり、提供したり、売買したり、増えたり減ったりしながら、豊かさを増やし続けることができるようになります。

豊かさは増える。
「8888」が豊かさへの迷いだとしたら、もっと増やして手をつなげば良いのです。

この三つの数字を足して、「岩戸を開いて和をつなげ、豊かさを受け入れる」という心意気で特別メニューを提示いたします。

すべてを足すと「10716」。
ムリヤリ?仮名にあてると「い(ろん)ないろ」「10ないろ」と、読めるかな??
「すべての人のそれぞれの色」を大切に、わたしたちはひとつで、それぞれである、ということを大切にしたメニューにしたいと思います。

令和元年&ヤスミン8周年記念特別メニュー
「岩戸を開いて和をつなげ、豊かさを受け入れる」
10,716円
ー頚部調整
ーみぞおち・背中・手指・足指のオイルワーク
ースピリチュアルアロマ&ジェムストーンチャクラワーク
ー全身クリアリング
ーカウンセリング
約2時間(脱衣・更衣があります)

受付期間・・・5月15日〜8月23日