ヤスミンについて

滋賀県東近江市「長峰団地」内に、ヤスミンはあります。

 

「ヤスミン」という店名は、「ジャスミン」から名付けました。

 

チュニジアの占星術の宿香にご縁があり、ジャスミンを植えました。

花が咲いたある日、「私は、ここから、ハーブについて伝えていく」と電撃的なインスピレーションを受けたこと。

それが、ヤスミンの活動の始まりとなりました。

 

店名を決めるにあたり、「ジャスミン」のアラビア語読みが「ヤスミン」であると友人が教えてくれ、なんとなく、店主の本名「安川美佐子(やすかわみさこ)」と似ていることや、「おやすみ(ん)」と近い語感があることから、「ヤスミン」と決定したのです。

 

あとから、ジャスミンのスピリチュアルな意味として、

「男女性の統合」「神の愛」「創造性を高める」

などがあることを知りました。

 

自分自身にとっても大切な意味であり、

ヤスミンに来られる方にとっても、おそらくは大切なメッセージになるのかもしれないな、とさらに不思議な縁を感じます。

 

ジャスミンの花は、5月頃に咲きます。

気候により、開花時期はずれますが、もし花が咲いているときにお越しになられたら、香ってみてください。
何かインスピレーションがやってくるかも??

 

ヤスミンの歩み

2011年5月15日「Aromatherapy&Herbs YASMINE ヤスミン」としてOPEN。

アロマテラピートリートメントのリトリートサロンとして始めました。

 

2012年秋、レイキティーチャー・マスターとなり、レイキスクールを開講。

 

2013年、ローゼンメソッド・ボディワークの関西ワークショップに参加。以後、定期的に参加。

 

2013年、国際ナチュラルセラピー認定スピリチュアルアロマ・アドバイザー資格取得。

 

2013年より、心理カウンセラーユニット「たかおとみお」さんを招いて「心理学講座」開講。2016年まで定期開催。

 

2014年、アバンダンティア・アバンダンス・レイ、マリアライト、アテナ・ウィズダム・レイのアチューンメントを開始。

 

2015年、リコネクティブ・ヒーリング®とリコネクション®に出逢い、リコネクティブ・ヒーリング・ファンデーショナル・プラクティショナー(RHFP)、リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー(RCP) を取得。

同時にレイキヒーリング、女神アチューンメントを手放す。

 

2016年5月、「Holistic Health Care Salon YASMINE ヤスミン」として新たな歩みを始めるとともに、原液精油を用いた「アロマテラピー」を手放す。

以後、原液精油は、伝統農法で生産・精油製造・販売を一括して行う「ブルーダルジャン」のラベンダー精油のみを用いる。

(他精油は、オリジナルアロマブレンド、講座などで少量のみの使用に限定)

 

2017年6月、国際ナチュラルセラピー協会認定スピリチュアルアロマ・インストラクター資格取得。

今までの施術経験とエネルギーボディへのアプローチを統合し、「スピリチュアルアロマトリートメント」を提供開始。

全身的なケアを意識したヒーラー・セラピストのための「スピリチュアルアロマ講座」を開始する。

 

 

資格というのは、信頼の一助であり、すべてではない、と考えています。

 

ヤスミンが歩んできた道は、もちろんこれだけではありません。

来し方行く末、すべての時間が関わり、家族・友人・すべてのクライアントさま、日々出逢う多くの方々との出逢いと別れ、対話によって、私なりのプロセスを歩んで参りました。

 

身体的なアプローチの中に、心や感情への影響があること、

それらが霊性へと影響しあっていることに気づき、

自分自身、「どこか一点」「どこか数点」へのアプローチではバランスをとるには至らないことを実感し、

まずは「自らが癒えていくためのセラピー・ヒーリング」を試行錯誤し、「人はどのように癒えるのか」を模索しました。

 

自分自身が癒えていくに従い、提供させていただくセラピー・ヒーリングも深みを帯びるようになります。

 

そして、「人はなぜ癒えたいのか」「癒えると人はどうなるのか」を追求する過程で、

 

「真に癒えている人は満たされていることを知り、何も求めない」

と、

「真に癒えると人は創造的に生きていくことができる」

との狭間で葛藤することになりました。

 

「癒える」というキーワードで、この相反する情報が自分自身の中にあり、

どちらが正しいのだろうか?と、悩んでいたのです。

 

今現在での結論として、人類はまだまだ、創造していくものが必要である。

癒えることは、創造的に生きるため、というのが現代における目下の宿題である。

・・・と考えています。

 

それは、新しい価値観や新しい概念であり、常にそれらは刷新されていくものではないだろうか、という仮説に基づきます。

 

ただ満たされ、何も求めないという状態は、あまり生産的・建設的ではありません。

(心は限りなく癒されているのですが!)

(人は心のみに生きるにあらず、体も、感情も、精神もふくめて「人という存在」ということ)

 

人類は進化を止めるのではなく、

サスティナブルな暮らしのためには、まだまだトライしていくことが多くあり、

そのために人は古い観念や自らを縛る思考パターンから自由になって、創造的に生きていくことが必要であり、癒えていくことでそれが実現されていくのだ、と、

考えるに至りました。

 

ただし、

そのプロセスの途中、人は満たされていることを知り、何も求めずにいても良い、という状態でいることも、大切なのではないかと思います。

たとえ一瞬であったとしても、これがあって始めて、人は創造的に生きていけるのではないでしょうか。

 

満たされている、

何も求めない、

 

でも、大切な何かのために、創造するのです。

 

それが、私たちが「おたがいさまで、おかげさま」で生きていける秘訣なのかもしれない。

他者や宇宙とのつながりの中で生きていけるということであり、

「Quality of Life 」を高め、次の肉体へより良い魂を送っていくための、

十全な人生へと結びついていくのではないかと思うのです。

 

すべての人が、癒されていくことは無いのかもしれませんが、

誰かの存在が、誰かとともに自らを助けるときに、

どんどんと、創造的な行動が広がっていく。

 

そんなつながりのために、「Holistic」〜全身的・全体的〜なヘルスケアを意識しています。

 

店主のプロフィール

 Holistic Health Care Salon YAMINE ヤスミン

店主 安川美佐子(やすかわみさこ)

 

1971年5月15日 兵庫県たつの市(旧龍野市)生まれ

 

同居家族:夫と猫

 

10歳の頃からハーブを育て、その香りに感銘を受けてから植物・植物にやってくる昆虫・山や地形などに興味を持つ。

同時期に長姉が統合失調症となり、家族内での心の発達や過去世の影響などを深く考察するきっかけとなる。

 

京都府立大学農学部農学科(応用昆虫学)卒。

シーアンドエス㈱15年勤務。

 

2008年、子供の頃からの思考パターン、

社会人になってからの思考パターンなどからの影響から乳がん・多発性子宮筋腫・慢性扁桃炎になり、

2009年にかけて5回の手術と放射線治療・ホルモン治療を受ける。

 

自らの免疫力を信頼することでホルモン治療を途中でやめ、免疫向上のための様々な取り組みを試す。この中でハーブ料理や和洋のハーブを用いた「水に流せて土に還せる化粧品」を創ることとなる。

そして体と心のつながりや、感情・精神への影響について様々な情報を集め、自らを実験体に、様々な取り組みを試みる。

 

理系女子(女子・・・は過去)っぽく実験好き♪

 

今では年齢相応なりに健康体となり、楽で楽しい日々を送っています。

残すところは過去世の思いをクリアすること♪

 

自分の体験や実感を元に、より「十全な(足りないところのない・欠けたところのない)人生のため」のお手伝いをしています。

 

猫店長のこと

名前は「こがね」です。男子。

 

それぞれの言霊の力でお客さまを見守ります。

1、3、5、7、9、11、13次元を知っているとか。

リコネクション猫とか、

ねこねこねこヒーリングができるとか、

人店長に勝手な紹介をされています。

 

2016年1月17日に竜王・古株牧場に住み着いてたこがねと運命的な出逢いをし、ヤスミン家へお連れしました。

その後、立派な猫店長に成長し、お客さまをお出迎えしております。

お客さまが来られるとき、時々出没します。

サロンのお部屋でひなたぼっこしたり、お昼寝するのが大好きです。

 

お客さまが来られたら、鼻でごあいさつします。

ちょっとしゃがんでくださったら、とっても挨拶しやすい、と猫店長が言っています。

 

でも、アレルギーを持っておられる方や、

猫が苦手な方には、そばに行かないようにいたします。

猫店長は人間よりも抜け毛が多いので、こまめに掃除しています(人店長が・・・)。

猫店長の得意技はカードリーディング?

 

というわけではないですが、選んでもらうこともできます。

 

1枚だけではないかもですけれど・・・

 

猫店長はテンションがあがると施術ベッドに乗ることがありますが、ちゃんとお洗濯していますのでご安心ください!

(猫店長は外には遊びに行きません)

お天気がよく、ご機嫌なときはこんなポーズをとることもあります。

しかしお客さまがおられるときには猫店長としてお腹など見せられない!と、キリリ☆☆としております。

 

でもいつもお客さまに良い波動を伝えてがんばっています♪

 

猫店長・こがねもどうぞよろしくお願いいたします。