ヤスミンについて

滋賀県東近江市の長峰団地の一角に、「Holistic Health Care Salon YASMINE ヤスミン」はあります。およそ3,000世帯ほども入居できる団地内ですので、交通量はとても少なく、静かでおだやかな風のふく住宅街です。

 

「ヤスミン」は「ジャスミン」から名付けました。

チュニジアの占星術では、生まれた時期に対応するハーブがあります。

私はジャスミンだったため、お庭にジャスミンを植えてみました(玄関のアーチがハゴロモジャスミンです)。

あるアロマテラピーの試験に出発しようとしたあるとき。ふと、何気なく咲いていたジャスミンの香りを嗅いだところ、電撃のように、

「私はここで、この地でハーブのことを伝え広めていくのだ」

という直感を得ました。

 

特に目標を持たずにハーブやアロマテラピーを学んでいたのですが、このとき、何かが私の中に芽生え、今に至ります。

 

後から知ったことですが、ジャスミンの香りには「男女性の統合」「神の愛」「創造性を高める」などの意味があります。直感も得るとか。

偶然は必然ということを、このような出来事の繰り返しで学ばせていただきました。

 

お庭はいろいろなハーブやお花、樹木を植えて春〜秋にはセンテッドガーデン(薫る庭)としてお楽しみいただいています。

2016年春からは「ハーブ育成の会」を結成。サロンルームの前庭を解放し、ハーブを育てて楽しむ活動を始めます。

 

ご来店の折にはのぞいてみてくださいね。

 

ヤスミンの歩み

2011年5月15日に「Aromatherapy&Herbs YASMINE ヤスミン」としてOPEN。

 

アロマテラピートリートメントのリトリートサロンとして始めました。

 

その後ヒーリングの必要性を感じ、西洋レイキを学びレイキティーチャー・マスターとなりました。

 

そして日々思うところあり、「心」と「身体」の統合を目指すローゼンメソッドと出逢い、ワークショップに参加し続ける中で、「心」「身体」「感情」「精神」の調和とバランスに意識が向いていきました。

同時に心理学講座を企画し、心理カウンセラー講師の方と参加者の皆様との対話の中で、より良く(深く・広く)学ぶ機会をいただきました。

 

2015年、リコネクティブ・ヒーリングとリコネクションに出逢い、リコネクティブ・ヒーリング・ファンデーショナル・プラクティショナー(RHFP)、リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー(RCP) を取得しました。

RHFPを取得した後にはレイキヒーリングを手放し、またRCPを取得した後は、「意図」の大切さを学びました。

 

2016年5月、「Holistic Health Care Salon YASMINE ヤスミン」として新たな歩みを始めることにいたしました。

5年間、多くの方とふれあい、体験させていただく中で、自身の意図を明確にしていったひとつのこたえでもあります。

 

 

「癒し」とはなんだろう、と考え続けて、アロマテラピーや何らかのテクニック、技術に頼るのではなく、もっと本能的で本質的なもの、

「心」「身体」「感情」「精神」という、わたしたちを構成するもののバランス、わたしたち自身の存在のつながり、「在り方」や「意図」が癒しそのものなのである、と感じるようになりました。

 

もちろん技術や知識は大切なものなので、それらを知り学び続けることも必要です。

しかしそれ以上に、それらを「収入や糧の源」として扱うのではなく、もっとも重要なのはクライアントさまが現実に癒えていくことである、と明確になった瞬間があったのです。

そのために、私自身の「こうしてあげたい」「こうあるべき」というエゴは不要であると考え続けていたことが腑に落ちたのです。

 

私自身が「意図」を明確にしたとき、

私は大地の力のひとつである、和洋のハーブの力をサポートに、クライアントさまと言葉を使わない対話〜トリートメント〜をさせていただくことで、深く自分自身とつながっていただこう。

私はそのお手伝いをするだけであると思うのです。

 

そして宇宙のシステム(自らを更新し続け進化し続ける)と連鎖するリコネクティブ・ヒーリングやリコネクションにより、自ら豊かになり続ける機会を提供しようと考えています。

 

ヤスミンでは、カウンセリングマインドをもって、心・体・感情・精神それぞれを窓口に、あるいは全体にアプローチし、より十全に人生を過ごせるお手伝いをいたします。

 

店主のプロフィール

 Holistic Health Care Salon YAMINE ヤスミン

店主 安川美佐子(やすかわみさこ)

 

リコネクティブ・ヒーリング・ファンデーショナル・プラクティショナー(RHFP)

リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー(RCP)

日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター

日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー

国際ナチュラルセラピー協会認定スピリチュアル・アロマ・アドバイザー

国際ナチュラルセラピー協会認定アロマ・デザイナー

日本園芸協会認定ハーブコーディネーター

日本園芸協会認定ガーデンコーディネーター 

日本ソマティック心理学協会会員

ローゼン友の会会員 (ローゼン友の会東近江)

 

1971年5月15日 兵庫県たつの市(旧龍野市)生まれ

 

◎大切にしていること

たくさんあるので、自分が大切にしたいと思うものを「ちゃんと」大切にすること

 

◎好きなもの

家族・友人

心の通ったコミュニケーション

仕事にしている今の色々なもの

五感でここちよいもの

音楽・香り・四季・風・水・火・土など

書くこと

感じること

考えること

何も考えないときにやってくるインスピレーション

入浴中の読書

環境や製法を大切にして作られたワイン

ハーブが薫る美味しい和洋中エスニックなどの料理

たまに食べるジャンクなもの

滝や川

夏山の木漏れ日や腐葉土やせせらぎ

岩山

・・・

たくさんありますね!世の中は好きなものであふれてます♡

 

◎仕事について思うこと

今まで、理屈でいっぱい考えてきて、

考えれば「心」を知ることができるとか、「身体」のことがわかるとか、「真理」に到達するのではと思っていたようです。

 

「仕事」は考えてやるものだ、と考えていたのかも。

 

でも「心配」が不安からくるものではなく、「心を配る」ことであるというのと同じように、

「事に仕える」というのは、考えることはそれほど重要ではなく、ただ最も大切なことを、心地よく自分の方法で大切にすることなのだな、と思うようになりました。

 

私の意図、私の在り方、私の存在。

私の「仕事」は、これらを用いて行う・・・「事に仕える」ということなのだなぁ、と。

 

知識やテクニックよりも、目の前のその方を大切にしよう。

「こうなってほしい」「こうすれば良い」といった、私のエゴは脇に置いておいて、

その方の中に隠れている、その方の「意図」を見出すこと。

言葉を使わないセッションで、

時には言葉を使うセッションで、

対話して、それを伝える。

 

それが一番、クライアントさまに変化が芽生える「じかん」になるんだなぁ、と、

ようやく気づいたのでした。

 

私の時間を捧げることは、私の命の時間を捧げること。

でも、それと同じことが、クライアントさまにも言えるのです。

お互いに、命の時間をシェアすること、そこに存在していることで起こる癒しがあるということ。

 

その、時に劇的な瞬間に、

私たちはお互いに「生きている」ことを感謝するのでしょう。

 

それが私の「仕事」です。